FTPとは

FTPはファイル転送に用いるプロトコルのことを指します。(詳細は割愛します)
wktk serverにおいてはユーザーのディレクトリ配下にファイルをアップロードする際に使用します。
wktk serverのFTPはサーバー設定時にお渡ししたユーザーIDとパスワードで
ご利用いただけるようになっています。
任意のFTPクライアントソフトを用意してサーバへ接続してみてください。

ディレクトリ構成

wktk serverのユーザーディレクトリの構成は下記のとおりとなっています。

/home/[ユーザーID]  ;ユーザーディレクトリ
+--log       ;ログディレクトリ
|  +--access.log  ;アクセスログ
|  +--error.log   ;エラーログ
+--public_html   ;ドキュメントルート(公開ディレクトリ)
   +--index.html  ;インデックスファイル(削除してからご利用ください)

ドキュメントルート(public_html)配下にファイルをアップロードするとページが公開されます。
public_htmlをディレクトリごと消される方が結構いますが、public_htmlは削除しないでください。
万が一消してしまった場合は、FTPクライアントソフトで作成できます。

FTPクライアントの設定方法

まずは、FTPクライアントソフトを用意しましょう。
個人的におすすめのFTPクライアントソフトは以下の三つです。

WindowsだとFFFTPがメジャーです。
Macについてはユーザーではないのでよくわかりませんが、Cyberduckあたりがメジャーかと思います。

設定をする前に、サーバ設定時にお渡ししたユーザーID・パスワードを用意してください。

FFTP編

まずは、FFFTPをインストール。

ffftp01.png

初回起動に上記のようなウィンドウが表示されるので [新規ホスト] を押下。
すると、下記のようなウィンドウが表示される。

ffftp02.png

ホストの設定画面になるので、各項に下記の情報を入力する。

  1. ホスト名の設定名 ⇒ 任意のプロファイル名
  2. ホスト名     ⇒ ドメイン名(ユーザID.wktk.so)
  3. ユーザ名     ⇒ ユーザーID
  4. パスワード    ⇒ バスワード

入力が終わったら [OK] を押下。

ffftp03.png

ホストの一覧に先ほど設定したプロファイル名が表示されていれば設定が完了。

ffftp04.png

設定したプロファイルを選択して[接続]を押すとサーバへ接続される。~ファイルの一覧が表示されれば設定は問題ないはずです。